Mobile suit league

新人类论

吉恩·戴肯

 

  宇宙という新しい環境は、人に新たな変革を要求するだろう。

  第一の人類のルネッサンスを猿から人への変革であるとすると、第二のルネッサンスを封建から中世の文明を得た人類、そして、第三のルネッサンスとして宇宙を得た新しい人。それは、より広大な時空をも一つの認識域の中に捉え、それによって一つ一つの事々へのより深い洞察力とより優しさを持った人ということである。

  なぜならば、かつて人は移動し得る距離の中で国家(部族)を語り、次に乗り物による拡大した移動力によって国家という認識を越えたよりグローバルな世界観を得て宇宙へ進出した。

  そして、新しい人類は地球を離れ、地球を含む広大な空域を生活の場として認識する。その度に人は己の欲望と叡智を拡大し磨いたと信じよう。その人が大地を翔んだのである。その翔んだ人々の思考と認識力は、巨大な空間を己の生活空間として認識することを欲望して、かつて利用することのなかった大脳を働かせたとき、人はより高度により深く、より慈愛に満ちた精神を得ることが出来るだろう。過去、人は己の持つ大脳細胞の半分の機能も使うことなく歴史を重ねたのである。その一人一人が眠っている大脳細胞を目覚めさせたとき人は変わろう。

  宇宙ッ!

  その大地を離れた新しい環境こそ、過去に眠っていた人の考える力を目覚めさせるのだ。

  神が、神が有史以前から必要以上の大脳を人に与えたのはなぜか?過去の環境の中で人が生きてゆく上では、人は己の大脳の三分の一の機能を使えばよかったのである。そして、残りは、人がより人として生きるべき巨大な空域で、時空で生きてゆくときのために神があらかじめ用意されていた部分なのではないだろうか?潜在能力という曖昧な人の力のあり方の中に、人は、現在考えられている以上の力を発揮できる部分があるのだ。

  宇宙の民よ。今こそ己の眠れる力を宇宙という環境の中で目覚めさせよ。その時に人は革新する! 真の人のルネッサンスがあるのかもしれぬのだ!

  その時こそ、人は広大な空間も、越えることが出来ないと信じられた時間をも超えることが出来るのではないだろうか?

  夢ではないのだ!

  この宇宙という広大無辺な時空を生活の場としようと欲した時、人は時空を乗り越える力を自らが持たなければ生きられぬのだッ!

Mobile suit league

 

| 广告业务 | 网页制作 | 关于我们 | 联系合作 |

——————————————————————————————————————

*本网站一切图片和资料都归其制作公司或作者版权所有*

Copyright 2001.2 to 中国机动战士联盟

MSL是英文Mobile Suit League的缩写